ホームページリニューアルのお知らせ

 

 

 

 

平成27年4月、ホームページをリニューアル致しました。旧サイトは作業用ソフト破損の為、そのままになっております。

 駒形神社は1500年ほど前、焼石連峰の駒ケ岳山頂に祀られ、明治36年(西暦1903年)、現在地にお遷り申し上げました。

 雄略天皇の御代(西暦456年頃)、第十代崇神天皇の末裔である上毛野胆沢公が駒ケ岳山頂(現在は大日岳)に駒形さまをお祀り になりました。

 坂上田村麻呂征夷大将軍(西暦802年頃)は、蝦夷のアテルイと無血の戦ののち、蝦夷の守護神でもあった駒形神社の神階昇格を幾度と朝廷に申し出ました。

 西暦850年、駒ケ岳山頂(現在の駒ケ岳)に初めて社殿が建立されます。慈覚大師によるものと伝わります。

 西暦862年には東北地方で最高階位の神格を得ます。西暦927年の延喜式神明帳に記載されることとなりました。この延喜式に記載された神社を「式内社」と呼びます。

 平泉に栄華を築いた奥州藤原氏は、駒形さまを敬い、駒形大神様のご分霊を前沢の束稲山(駒形山)にお祀りしました。峻嶮な駒ケ岳に登頂することが厳しかったためと考えられています。

 藩政期には、伊達仙台藩、南部盛岡藩の両藩より守護され、約20年ごとに山頂社殿が造り替えられました。駒ケ岳山頂の社殿は、両藩の藩境の起点として大切にされました。現在も駒ケ岳山頂より、釜石市唐丹湾まで130Kmにおよぶ藩境の目印となった「藩境塚」が遺っています。

 台湾総督や鉄道総裁、ボーイスカウト総裁、東京市長を務めた後藤新平氏は、当地水沢出身で、駒形さまを大切にされた方です。新平氏は関東大震災後、復興院を創設した方で、当地方や東京では氏を尊崇する方が多く、東日本大震災では氏に習い、復興庁が創設されたことは言うまでもありません。当地水沢出身で孤高の政治家であった第30代内閣総理大臣齋藤實氏も新平氏と同じく駒形さまを大切にされました。

 いにしえより、駒形さまのお恵みによりこの地方が守られてきたのではないかと思いを馳せます。駒形さまの御前で目を閉じると、進むべき道が見えてきます。駒形さまをこよなく大切にされた方々の思いも伝わって参ります。ご参拝の折には、ご神前で瞳を閉じ、いにしえの杜の息吹を感じながらひとときをお過ごしください。

                                    駒形神社 宮司 山下 明

新着情報

令和4年5月2日(月)

春の駒形まつりがはじまりました。

出店は5月3日、4日、5日の予定(天候によります。基本的には持ち帰りになるか境内でお召し上がりください。水沢公園には持ち込まないで下さい。)

5月2日(月)
18時00分 宵宮祭(社殿)
18時30分 北下巾神楽奉納(神楽殿)

5月3日(火)
10時00分 祈疫病退散 駒形神社奉遷119年記念大祭(社殿)
11時00分 水沢25歳「魁虓陣(かいこうじん)」演舞(社殿前)
7名ほどの演舞になります。娘が歌います(^^)
14時00分 子供騎馬武者行列出発式(社殿前)
15時00分 子供騎馬武者行列出発
(Zプラザアテルイ~市街~大鳥居)
子供騎馬武者行列25名騎乗します。
ご自分のお馬さんに乗る子もいます。
目印は白いお馬さん。小生も騎乗します。
16時30分 子供騎馬武者行列到着式(社殿前)

5月4日(水)
10時00分 講社大祭・交通安全祈願旗奉納大祭(社殿)

マスク着用、手指消毒のうえ、ご参拝ください。
手水も柄杓を使わないヴァージョンにてお清め下さい。

令和3年12月20日(月)
 
令和4年1月1日は零時に開門します。マスク着用でご参拝ください。

手水舎は柄杓を撤去しておりますので、流水を直接手に受けて清めて下さい。

神門前に消毒液を用意しておりますので、各自消毒のご協力をお願い致します。

鈴の緒は撤去しております。ご了承願います。

ご祈祷は、受け付け順に社殿の中が50人未満になるよう配慮させていただきます。

巫女はマスク着用のままご奉仕させて頂いております。
  
皆様がご多幸、無病息災でありますことを心よりお祈り申し上げますと共に皆様方のご協力をお願い致します。
 
令和3年5月1日
「奥宮登拝祭」について
  
令和3年8月1日の奥宮登拝祭参加者については岩手県内在住、登山経験者のみとさせていただいております。県外在住の皆様には誠に申し訳なく存じます。来年のご参加をお待ち申し上げます。

奥宮ご造営10周年を記念したTシャツを製作しました。(デザイン:ジャズライズさま)
色は黒(白文字、桃文字)、白(桃文字)、紺(黄文字)、緑(白文字)
サイズはS、M、L、XL、XXLがございます。
金額は3,200円(税込)です。
とても気心地の良い生地です。
 
ブログ駒形神社なんでも綴り
フェイスブック駒形神社
フェイスブック宮司
 
あんしん お焚き上げWEB
 

 

  • 神社あれこれ 見聞を広める
  • 会員の皆様へ